【レビュー】iPadに最適なワイヤレスキーボード Ankerウルトラスリム

ブログを本格的に再開しようと心に決めて、まずは執筆環境を整えるべく、外出先でも記事を書くことができるように、日頃から使用しているiPadmini5と外付けキーボードで運用を始めてみました。

今回はiPad用として購入したアンカーのキーボードを購入したのでレビューしたいと思います。

目次

Ankerウルトラスリム ワイヤレスキーボード

 開封レビュー!

f:id:oconomy19:20191006225356j:plain
パッケージはこんな感じ
f:id:oconomy19:20191006225409j:plain
パカッと開けると包装されたキーボードがチラリ
f:id:oconomy19:20191006225553j:plain
外観はこんな感じ。飽きのこないデザインですね
f:id:oconomy19:20191006225602j:plain
真っ平らではなく、角度がついています。調節機能はありません。
f:id:oconomy19:20191006225621j:plain
電源のオンオフボタンは裏面上部にあります

使って分かったいいところ!

ぱっと見はAppleのワイヤレスキーボードに見えなくもない外観です。

サイズ感もちょうど良い感じで持ち運びにも苦労しません。使用する時には裏面の電源をオンにして使用しますが、Bluetooth接続などの初期設定をするだけで、電源を入れればすぐに使用できるところが良いです。

※30分使用しないと自動的に電力節約モードになります。いずれかのボタンを押すことで2,3秒後に使用できます

ボタンの配置はUS配列となっており、また、Macにはないdeleteボタンがあるのが地味に嬉しいです。

今や知名度も十分のAnker製品。今回の商品も18ヶ月保証付きということで、製品には相当な自信があるようです。

使って気づいた残念なところ

打感が、金額相応のチープな感じは否めません。この金額で打感を求めるのは酷でしょうが…。

それと、enter keyのボタンサイズが小さいので、慣れれば問題ないのでしょうがまれに違うボタンを押してしまうことがあります。

また、入力方法の切り替えに若干戸惑ってしまいます。Control +spaceで日本語入力や英字入力に切り替えれますが、ボタン一つで切り替えられるともっと楽になるのにと感じました。

さらに、入力途中で変換のためにspace を押すと、稀に文字前にスペースでできてしまうことがあります。これは初期不良なのか使い方が悪いのか…。頻発するわけではないし、そこまで影響はないのでとりあえず様子見です。

まとめ

全体的には概ね満足できる商品です。

iPadmini5との相性も良く、キーボードと併用しつつ画面に触れながらの操作も違和感なく行えます。ブログ記事を書くだけではなくて、出先でのちょっとした長文を書く際にも使用できるので、いつもバッグに忍ばせて使用できるようにしています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アウトドアやガジェットを中心としたブログ「MONOKOTO CORE(モノ・コト・コア)」を運営しています。
商品紹介をはじめ、サービスや生活情報など、閲覧される方に役立つ情報をお届けします。

コメント

コメントする

目次
閉じる