【レビュー】コスパ抜群で通勤にも最適!ガシロン自転車用ライト

冬至といえば一年で一番お昼の時間が短い日。自転車通勤の場合、帰る頃には暗くなっていることもしばしばで、いよいよ自転車用ライトを買わないと!ということで、ガシロンの自転車用ライトを購入してみました!

目次

ガシロンを選んだ理由

これまで使用していたのはキャットアイの50ルーメンのライト。

割と人気な商品ですが明るさが50ルーメンと、真っ暗闇の中走るには心もとない明るさで、電池残量もなかったのか、ほんのり蛍の光ほどの光量に危険を感じていました。

どうせなら明るい方が良いので800ルーメン以上のものを探していましたが、ガシロンというメーカーのものを知人に進められたので、知らないメーカーでしたが思い切って購入しました。

ガシロンとは?

ガシロンは、2012年に設立された自転車用ライト専門メーカー。設計・デザイン、生産までを一貫して行っており、ヨーロッパやアメリカなどを中心に提供しているとのことです。日本ではガシロンジャパンが販売元として取り扱っていて、品質保証規定により1年間の製品保証があるようで、サポートもばっちりで安心なメーカーです。

商品の特徴

購入したのはGaciron(ガシロン) V9CP400

項目内容
サイズ97mm×33.8mm×30.7mm
重量120g (ブラケット含まず)
同梱物ライト本体(V9CP400)/ブラケット/充電用Micro-USBケーブル
明るさ400ルーメン
その他IPX3相当の防水性能/USB充電式

800ルーメンのものもありますが、購入時点でamazonには正規店の在庫がなく、半分の400ルーメンのものを購入しました。値段も手頃で万が一ハズレの場合も痛みは少ないので…。

写真と商品レビュー

f:id:oconomy19:20201122152125j:plain
▲パッケージ

f:id:oconomy19:20201122152134j:plain
▲中身はこんな感じ

f:id:oconomy19:20201122152145j:plain
▲本体裏。マウントにカチッとはまります。

f:id:oconomy19:20201122152154j:plain
▲USB充電はここから。type-Cではないのは残念。

f:id:oconomy19:20201122152206j:plain
▲手の中に収まるサイズ感。チープさはありません。

f:id:oconomy19:20201122152218j:plain
▲おそらく殆どの自転車に装着できます

f:id:oconomy19:20201122152228j:plain
▲角度調整もできます

f:id:oconomy19:20201122152248j:plain
▲カチッと本体を装着します

f:id:oconomy19:20201122152259j:plain
▲上から見た装着感。シンプルでカッコいいです

f:id:oconomy19:20201122152309j:plain
▲ライトの前方

f:id:oconomy19:20201122152320j:plain
▲前方をバランス良く照らしてくれます

夜間に走行した際の使用感ですが、400ルーメンという明るさは必要十分で、しっかり前方を広域的に照らしてくれます。スポットを照らす仕様ではないのもGOOD!
照射角度は85度です。

400ルーメンでは物足りないという方は上位機種の800ルーメンのものもあるのでそちらをどうぞ。

まとめ

自転車乗りの方は自転車用ライトは必須です。
これから乗られる方の最初の一台にいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アウトドアやガジェットを中心としたブログ「MONOKOTO CORE(モノ・コト・コア)」を運営しています。
商品紹介をはじめ、サービスや生活情報など、閲覧される方に役立つ情報をお届けします。

コメント

コメントする

目次
閉じる